제주대학교 Repository

ブランドから学びます

Metadata Downloads
Alternative Title
브랜드로부터 배웁니다 : 일에 대한 관점도, 삶을 위한 태도도
Abstract
본고는 김도영 작가의 저서 『브랜드로부터 배웁니다-일해 대한 관점도, 삶을 위한 태도도-』를 번역한 논문이다.
본고에서는 책 내용 중 ‘프롤로그’, ‘02 맥락 위에 존재한다는 것-발뮤다 BALMUDA’, ‘06 시퀀스를 만든다는 것-안테룸 호텔 교토 Hotel Anteroom Kyoto’, ‘17 욕망을 코딩한다는 것-젠틀몬스터 GENTLE MONSTER’를 번역하였다.
‘프롤로그’에서는 브랜드를 만드는 일을 번역가에 빗대어 소개하며 이 책을 쓰게 된 계기와 목적을 설명하고 있다.
‘02 맥락 위에 존재한다는 것-발뮤다 BALMUDA’에서는 일본 생활가전브랜드 ‘발뮤다’를 예로 들며 맥락 이해의 중요성을 강조하고 있다.
‘06 시퀀스를 만든다는 것-안테룸 호텔 교토 Hotel Anteroom Kyoto’ 에서는 일본 호텔 브랜드 ‘안테룸 교토’를 예로 들며 연속된 경험 제공의 중요성을 제시하고 있다.
‘17 욕망을 코딩한다는 것-젠틀몬스터 GENTLE MONSTER’에서는 한국 아이웨어 브랜드 ‘젠틀몬스터’를 예로 들며 소비자들의 욕망을 자신들만의 기호로 표현하는 것이 중요함을 서술하고 있다.|本稿はキム・ドヨンの著書『ブランドから学びます-仕事に対する観点も、人生に対する態度も-』の翻訳論文である。
本稿では、原書の「プロローグ」「02.コンテクストの上に存在するということ-バルミューダ BALMUDA」「06.シークエンスを作るということ-ホテルアンテルーム京都 Hotel Anteroom Kyoto」「17.欲望をコーディングするということ-ジェントルモンスター GENTLE MONSTER」を翻訳した。
「プロローグ」では、著者のブランドに対する考えを翻訳家という仕事になぞらえて紹介し、本書を書くに至った経緯や目的を説明している。
「02.コンテクストの上に存在するということ-バルミューダ BALMUDA」では、日本の生活家電ブランド「バルミューダ」を例に挙げ、コンテクストを理解することの大切さを伝えている。
「06.シークエンスを作るということ-ホテルアンテルーム京都 Hotel Anteroom Kyoto」では、日本のホテルブランド「アンテルーム京都」を例に挙げ、連続した経験を提供することの大切さを提示している。
「17.欲望をコーディングするということ-ジェントルモンスター GENTLE MONSTER」では、韓国のアイウェアブランド「ジェントルモンスター」を例に挙げ、消費者の欲望を独自の記号で表現することの大切さを述べている。
Author(s)
야노마미사키
Issued Date
2024
Awarded Date
2024-02
Type
Dissertation
URI
https://dcoll.jejunu.ac.kr/common/orgView/000000011556
Alternative Author(s)
矢野間心咲
Affiliation
제주대학교 통역번역대학원
Department
통역번역대학원 한일과
Advisor
반노 신지
Table Of Contents
プロローグ 1

02.コンテクストの上に存在するということ - バルミューダ BALMUDA 4
06.シークエンスを作るということ - ホテル アンテルーム京都 Hotel Anteroom Kyoto 13
17.欲望をコーディングするということ - ジェントルモンスター GENTLE MONSTER 23

日本語抄録 37
Degree
Master
Publisher
제주대학교 통역번역대학원
Citation
야노마미사키. (2024). ブランドから学びます.
Appears in Collections:
Graduate School of Interpretation & Translation > Korean-Japanese
Authorize & License
  • AuthorizeOpen
  • Embargo2024-02-12
Files in This Item:

Items in Repository are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.